概要・活動

概要


ビジュアルランゲージ ワーキンググループ(略称:VLWG)は、標準化センターに所属するUIデザインプロジェクトの中で、複写機/複合機およびプリンター/ファクシミリの操作を支援する「図記号」についての標準化を行っています。

お客さまがどのメーカーの製品を使用しても迷いなく操作できることを目的として、全世界で言語を問わずに理解できる、いわば共通言語(ビジュアルランゲージ)」 としての図記号の制定と、普及を促進する活動を行っています。

複写機・複合機の図記号:制定のための活動


複写機・複合機の図記号は、JBMS-12(1999年制定)を始めとしてJBMIAが規格書を制定し、その後JIS規格(JIS B 0139)、国際図記号規格( ISO7000、IEC60417)への制定を働きかけ、現在ではその多くが国際図記号に採用されています。

現在までに制定された図記号はおよそ130ありますが、制定時期による違いでJBMS(業界内部規格)にとどまっているもの、JIS規格になったもの、国際規格になったもの、があります。

このWebサイトは、これまでに制定された図記号を用途別に一覧ができることを目指して作成されました。複写機・複合機分野の、すべての図記号規格の素となるJBMSを基準として図記号の説明を行っています。JBMS以外の各規格の詳細については、以下をご参照ください。

JIS規格(JIS B 0139):https://www.jsa.or.jp/

国際規格(ISO/IEC13251):https://www.iso.org/standard/21486.html

※ISO/IEC13251は、ISO7000およびIEC60417の、すべての図記号の中から「複写機複合機に関連するもの」を集めた、「コレクション規格」です。

標準化の段階


JBMIA-TR (テクニカルレポート)
JBMS
JIS B 0139
ISO7000 / IEC60417
⇒ 図記号に関する技術情報等の発行
⇒ 業界規格の制定・改正
⇒ 国の規格の制定・改正
⇒ 国際規格の制定

ページトップ▲